翻訳会社を選ぶという場合、大手の会社であれば安心して依頼することが出来るだろうと考えるのは悪いことではありませんが、大手であれば必ずしも高品質の仕上がりであるというわけではありませんし、トラブルが無いというわけでもありません。

大手の翻訳会社を選ぶメリットとしては、経験・実績が豊富ですので、信頼することが出来るということでしょう。しかし、翻訳会社には特定の分野に特化しているところもあります。大手会社の場合、ひとつの分野に特化しているというところは少ないのが現状です。中小企業の場合はひとつの特定分野の経験が豊富というところも多く、専門的な知識が必要な翻訳を任せるのに適任ということもあります。

依頼する内容にもよりますが、大手よりも中小企業のほうが向いているという場合もありますので、依頼する内容を考慮するようにしましょう。文章の翻訳というと、その言語は英語というイメージがありますが、世界には様々な言語があり翻訳が必要なのは英語だけとは限りません。

翻訳会社を選ぶという場合には、どのような言語に対応しているのかもチェックしましょう。英語から日本語もしくはその逆に対応しているところは大手でも多いものですが、一般的ではない言語に対応しているところは少ないものですし、対応しているところでも実績が乏しいことがありますので、注意が必要です。翻訳会社を選ぶときには、これまでの実績や取引先のリストを確認しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *