翻訳会社選びには3つのポイントがあります。

まずは品質ですが、高品質を維持するためには翻訳者のレベルが重要です。少数精鋭で高いスキルを持つ翻訳者をかかえている翻訳会社なら、自然な言い回しの訳を期待することができます。大勢いてもレベルが低ければ期待するような結果は得られませんので、どのような翻訳者が在籍しているのかをチェックすることは必要です。

その上で、チェック機能も確認して、万全の体制が敷かれているところを選ぶと良いでしょう。チェック機能に関しては、見積書をもらった時点である程度は把握できます。工程数が記されているはずですので、詳細を見て決めることが大事です。次に見ておきたいのが価格ですが、実は安すぎてもリスクがありますので、適正範囲に入っている中で安めのところを選ぶのがおすすめです。

安過ぎるといくつかの工程のうちの何かを省いている可能性があり、手間をかけているところよりも質の低い仕上がりになることがあります。特に格安サービスを前面に出している翻訳会社は、質に問題がある可能性が高いようです。スピードも重視しなければならないポイントの一つですが、早すぎても良くありません。

これは価格と同様の理由なのですが、早くできるということは、その分手間をかけていないことになりますので、工程を増やして対応している翻訳会社と比較すると仕上がった成果物のレベルが低いと感じてしまいます。この3つの要素のバランスを見ることで、良いサービスを選べるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *